ジェリーネイルの口コミやネイルアートの作り方など、初めての人でも分かりやすいように施術方法を定期的に配信。おすすめカラーや人気色、ジェルネイルを塗って落とすまでの流れなど、分からない事が一気に解決するジェリーネイルの情報配信サイト

巻き爪に悩んでいるとネイルも楽しめない!

キレイなネイルを楽しんでいる人は、あまり爪のトラブルには縁がないかもしれません。
しかし、爪のトラブルがあると『ネイルをする』という事が難しくなったり、そもそもネイルをあきらめる!という決断に至っているかもしれません。。
そんなトラブルに負けないためにもトラブル解消のお手伝いをしたいと思います!

まずは、巻き爪を解消するにはどうすれば良いかを、ここでは紹介します!

そもそも巻き爪の原因は?

PAK57_konoatodoushiyoukanato500-thumb-390.jpgauto-3111
巻き爪に困っている方は、原因を知っているかもしれませんので、この辺はすっとばして、下の方に人気の解消グッツを紹介しますので、そちらをご覧ください。

そもそも巻き爪はなぜできるのか?
多くの原因は、深爪、靴、外傷、爪白癬、下半身麻痺があげられます。
各原因について少し詳しく説明させていただきます。

深爪の場合
原因として一番多いのは深爪です。
ちょっとしたきっかけで深爪をしてしますと、カーブしている爪が傷を作ってしまいます。
その傷が自然治癒すれば問題なく巻き爪の原因にはならないのですが、傷がそのままになってしまい炎症を繰り返すと、巻き爪になります。


靴の場合は、足に合わない靴を履いている事が原因になります。
女性は足の小指の爪が変形している事も多いのではないでしょうか?
こんな記事を掲載しているワタシでさえ、小指だけは爪が他のキレイな爪と比べると変形しています;
硬い革靴や、先端のきつい靴などで圧迫されると傷になった箇所から炎症を起こし、巻き爪になることがあります。
もし、靴が合わないという原因から巻き爪になってしまった場合は、合わない靴は履いてはいけませんよ!
運動靴や、幅が広めのサンダルなどを履いて治療に専念しなければなりません。

爪の変形からおこる外傷
けがが原因で爪の形が変形すると、巻き爪になる事があります。
変形した爪で、爪の横の皮膚が傷つくと巻き爪になります。これも、自然治癒すれば大丈夫なんでしょうが炎症を繰り返しているという症状が見られた場合には気をつけなければなりません。

爪はくせん(爪白癬)
爪はくせんとは、爪の水虫の事です。
これは、爪の水虫で爪が厚くなります。そして、爪が変形してしまうので巻き爪になっていくようです。

下半身麻痺
下半身麻痺は変形しなくても、なぜか巻き爪になってしまう事があるようです。
麻痺で運動ができなくても、知覚が残っていると痛みを感じるようです。
下半身麻痺の場合で知覚がない場合は、炎症の症状を自覚する事ができないので、重症化しやすいようです。
なので、こちらの原因の場合はパートナーさんがしっかり管理してあげる必要がありますね。
最悪の場合、手術しなければいけなくなりますので、注意が必要です!

意外と、恐ろしい巻き爪。
重症化してしまうと、手術しないといけなくなる場合がありますので、早めに対処しておきたいところ!

自分でできる巻き爪対策があった!

病院にいって診察してもらうと、爪の一部を切り取っての施術になるようで、恐がりな私なんかは絶対にいけません><
そんな中でも、やっぱりなんとかしたい!という方は、自分でできるグッツがあればチャレンジしてみたいんじゃないでしょうか。
私だったら、病院にいくの怖いので試したですもん!

やはり重要なのは効果のほど。
今から紹介するものは、こんな感じで10分で爪の形が変わったという反響のあるグッツです。
爪のトラブル|巻き爪
特殊バネを使っていて、使った事のない人でも簡単に自分でできる優れものです。
約8割の利用者さんが違いを体感したようで、なかなかの人気っぷりです。
実際利用してみた方の巻き爪対策グッツの口コミがこちらです。
(その巻き爪グッツは「巻き爪ブロック」という商品です。)
爪のトラブル|巻き爪ブロック口コミ
ストック買いしたり、リピーターも大勢いるような印象でした。
口コミの中に”ペディキュア”の文字も発見!
巻き爪に悩んでいてもネイルを楽しめる希望がみられます☆

巻き爪ブロックとはいったい??

maki03
巻き爪ブロックは自分でできて、簡単に施術できる巻き爪対策グッツです。巻き爪矯正に活用します!
サイズがS/M/Lと用意されているんですが、まず初めてであれば3サイズフルセットがおすすめです。
巻き爪ブロックのセット商品一覧

  • SMLフルセット
  • Sサイズセット
  • Mサイズセット
  • Lサイズセット

SMLフルセットは、自分にあったサイズのものを見つけられるのでサイズで失敗する事がありません。
各サイズとフルサイズはそんなに価格が違わないため、初めての際はフルサイズが良いと思いますね。

他とここが違う!サイズと爪の強度で選べる優れもの

爪のトラブル|巻き爪ブロック口コミ
巻き爪ブロックのすごいところは、矯正の効果をより高くするために、強度を選べる点です。
実はここが他の矯正器具と違っているところで、爪といっても人それぞれですから、強度を選べなければ意味がありません。
先ほど紹介したセット商品はノーマルタイプのみのセットになってしまいますが、コレだけのタイプに別れていますので、
自分に合う矯正器具を選ぶ事ができます。
爪のトラブル|巻き爪ブロック強度
ちょっとどれか分からない。という人はフルセットのノーマルタイプから始めるか、商品についての問い合わせもメールで簡単にできるため、問い合わせてみる事をお勧めします!
セット商品を買うと、巻き爪ブロックを施術するアイテムが全部そろうので、まずはやっぱりフルサイズのセットを購入してサイズを探し、強度を試してみる事が一番効率がいいと思いますね。

各サイズ別のセット商品をチェックするとセット商品の下に強度別の商品も購入する事ができます。
Sサイズセット
Mサイズセット
Lサイズセット

巻き爪ブロックをもっと詳しく知りたい方は、下のリンクからチェックしてみてください☆
巻き爪ブロック


巻き爪の問題が無くなって、ネイルを楽しむ毎日が送れる日を私も願っています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+